好みの洋服に囲まれた仕事に就くなら|109の求人がおすすめ

仕事
  1. ホーム
  2. 新しいタイプの就職活動

新しいタイプの就職活動

女性

派遣がそのまま試用期間に

派遣労働といえば、一般的にはさまざまな職場を移りながら短期就労を繰り返すというイメージがあります。しかし中には、1つの職場に長く働き続けられるチャンスを生み出す就労形態も存在します。それが紹介予定派遣です。紹介予定派遣とは、派遣先の企業に将来直接雇用されることを前提として、一定期間派遣労働者として就労するという派遣システムです。ただし自動的に雇用されるわけではなく、最長6か月間の派遣期間終了時に社員と企業の双方が合意した場合に限り、直接雇用に切り替わります。つまり紹介予定派遣の場合、派遣期間は企業にとっては一種の試用期間に、就労者側にとっては職場環境や自分と仕事との相性を見極める期間になるわけです。現在、紹介予定派遣は多くの人材派遣会社が取り扱っています。最初から直接採用するよりは雇用のミスマッチが起きるリスクを減らせるため、企業側からの求人数も増える傾向にあります。紹介予定派遣で働こうとする場合、まずは求人数の多い派遣会社を選ぶのが重要なポイントとなります。自分に合った職場を探すには、できるだけたくさんの選択肢があった方が有利です。ただ、働きたい業種や会社がすでに決まっているのであれば、その業種や企業の紹介予定派遣を直接探しても構いません。また、直接雇用をサポートしてくれるかどうかも、派遣会社選びの重要なポイントとなります。パソコン操作等に関する研修や資格取得の支援、適正審査などを積極的に行っている会社であれば、就職・転職成功への助けとなってくれます。